Islands in the byte stream

Technical notes by a software engineer

Rails.application.credentials.foo は fetch(:foo) にすべき

表題のとおりで、fetch(...) はエントリが存在しないと例外を投げるため、エントリが存在しないときに nil を返すアクセサよりもtypoに対して安全です。

こういうのは rubocop-rails でカバーできるといいなと思って起票して、良さそうというコメントはもらったんですが:

https://github.com/rubocop-hq/rubocop-rails/issues/42

いかんせん rubocop-hq/rubocop-rails 自体がまだ開発中なのでいつ使えるかわかりません。

こういうときにquerlyを使うといいですね。

(cf. プロジェクト固有のルールを指定できるLinterであるところのQuerlyがめちゃ便利 - Islands in the byte stream)

というわけでruleはこんな感じです。

rules:
  - id: kibela.prefer_fetch_for_rails_secrets
    pattern:
      subject: "Rails.application.'credentials.'key()"
      where:
        key: '/.+/'
        credentials: '/(?:secrets|credentials)/'
    message: "`Rails.application.secrets.fetch(...)` を使いましょう。"
    before:
      - "Rails.application.secrets.foo"
      - "Rails.application.credentials.foo"
    after:
      - "Rails.application.secrets.fetch(:foo)"
      - "Rails.application.credentials.fetch(:foo)"