Islands in the byte stream

Technical notes by a software engineer

Fastly に入社しました

2019年9月9日からFastlyに入社しています。勤務地は東京です。今後ともよろしくお願いいたします。

前職の Bit Journey, Inc. では3年ほどKibelaのサーバーサイドやフロントエンドアプリの開発に関わりました。Bit Journey在職中に子供がうまれ、現在も夫婦で分担しながら子育てをしていますが、この子育て初期という大変な時期*1にBit Journeyで気持ちよく働けたのはたいへんな僥倖でした。ここで改めて感謝いたします。

さて、Fastlyは方向性を変えて、ウェブアプリではなくVarnishやH2Oなどのミドルウェアの開発に関わります。

Kibelaは自分が数年のあいだ心血を注ぐにふさわしいサービスでしたし、実際のところ大いに開発を楽しみました。しかし、しばらく今後のキャリアの方向性を考えた結果、かねてから経験してみたいと思っていた低レイヤーなソフトウェア開発をしてみたいと決意しました。また、クラウド全盛のいまの時代だからこそ、クラウドサービスを提供する側を経験したいということもあります。

Fastlyはまさにそういうサービスであり、仕様と実装の双方をもって「インターネットを速くする」ことが価値であるCDNサービスを提供しています。興味関心のある領域で毎日楽しく開発をして、その結果としてインターネットを速くできるのであれば、ソフトウェアエンジニアとしてこれにまさる幸せはありません。この会社で過ごすこれからの時間も楽しみたいと思っています。

*1:保育園に通いはじめると頻繁に風邪をひくようになり、ひどいときには1~2週間ごとに子供が体調をくずしてそのたびに一週間ほどまともに仕事をできなくなります。