Islands in the byte stream

Technical notes by a software engineer

RailsのURL helpersをTypeScriptとしてexportするts_routesを書いた

カッとなって作りました。後悔はしてません。

github.com

/entries/:id を生成するためにRailsのviewで entry_path(42) などとしますが、それをTypeScriptからも Routes.entryPath(42) などとして使えるようにするためのgemです。

READMEにあるように rake task を定義して適当なパスに routes.ts を生成するという想定です。sprocketsには対応してません。

Rails URL heplersのJSへのエクスポートというとrailsware/js-routes があって、これをずっと使っていてしばらくは十分だったのですが、js-routesの生成するコードには型情報がありません。フロントエンドのコードベースをTypeScript化したいまとなっては、開発中にしばしばtypoして実行時エラーになるのが不満でした。

ts_routesであれば生成されるコードがTypeScriptなので型情報があり、ヘルパー名の補完も効き、TypeScriptらしい快適さでRailsのURL helpersを使えます。