Islands in the byte stream

Technical notes by a software engineer

Rubyの型定義ファイルを中央repoにしないほうがいい理由

あるいは私がDefinitelyTyped (DT) が失敗だと思っている理由、です。

あたりが話の発端です。


DTについては以前いまいちイケてない理由を書いたことがあります。

TypeScriptのDefinitelyTypedは「ダメでもともと、うまく使えればラッキー」くらいの距離感がよい - Islands in the byte stream

この時の話を一言でまとめると「ライブラリの作者ではない第三者がメンテしていることが多く、基本的に品質が低い」のがよくないというものでした。

それ以外にもいろいろ欠点があります。

また、 あらゆるライブラリの型情報をあつめる という野心的な試みなのはいいものの、そのせいでrepositoryをcloneするのに時間がかかり、パッチを作るのも大変です。

DTの場合はバージョニングも微妙で、型定義ファイルのバージョンはmajor versionだけオリジナルと一致させてteenyなどを自動的にインクリメントさせる方式をとっています。このため、ライブラリの特定バージョンを表す型定義ファイルというものは存在しません。このへんは本質的な欠点というよりは、DTのポリシーがイケてないという話かもしれませんが。

というわけで、いま私が関わっているプロジェクトではDTをあまり使っていません。DTは、基本的には使わないほうがいいと考えています。


追記:

TSはJavaScriptそのものではないのでいろいろ難しい面はあります。JS互換の静的型AltJSだけでもTypeScriptとflowtypeがあるし。