Islands in the byte stream

Technical notes by a software engineer

caniuse.com が素晴らしいのでパトロンとして登録した

https://caniuse.com/ というサービスがあって、ブラウザごとのJSやHTMLの機能を調べられる(caniuse = Can I use X?) 超便利なサービスなのです。

自分のいるリージョンなども登録できて、ある機能を利用できるユーザーのシェアを数字でみられます。たとえばぼくはJapanとGlobalを表示するように設定していて、こんな感じです。

f:id:gfx:20171221134846p:plain

これによれば、2017年12月時点だとwebpはglobalだと70%、JPだと40%程度のブラウザで利用可能というわけですね。

で、超便利サービスだし寄付できないかなと思ってちょっとサイトを眺めると、subscriptionで $1/month の寄付を受け付けるコースがあるようです。Patreonというパトロン管理サービスを利用しているようです。せっかくなのでパトロン登録してみることにしました。これにより広告がなくなったり新機能をいち早く使えたりなどの特典もあるようですが、まあもともと十分に便利なのでそのへんはいいでしょう。

caniuseがひどく使いにくくなるなどの事情でもない限りはしばらく継続しようと思います。