Islands in the byte stream

Technical notes by a software engineer

2017年まとめ

キャリア

  • Bit Journey(as エンジニア)とSpeee(as 技術顧問)は引き続き
    • スタートアップでサービス開発するのは学びがあってよい
    • 技術顧問業は難しい。成果はあったりなかったりする
  • 35歳になった
    • 2017年の初頭に 定年説をめぐって — 1. ミームの濫用 – To Phantasien *1 を読んでキャリアについて考えた
      • ぼくはこれを「35歳定年説は捨てていいとして、その後50代や60代を見据えたキャリアプランを真面目に考えるべきでは?」という話だと解釈した
    • 自分に関して言うと、まだ Plan B(≒ プログラマ以外の職種)は考えられないが…
  • 子供が産まれた
    • 家事と子育てに割く時間が非常に大きい
    • これは好むと好まざるとに関わらず、キャリアに対する影響は大きい
      • 時間もそうだが、家事と子育てで疲労がたまることにより他のことをする気力がなくなるという問題もある
        • 結果、子供が産まれてから個人プロジェクトの進捗がほぼゼロに
    • 子供が産まれたのは嬉しいし、家事も子育てもやぶさかではない
      • ただキャリアとの兼ね合いが難しいのは確かだと思う
      • 現職はwork from home可能なので、家庭と仕事の両立という点ではだいぶ恵まれてはいる
    • こういうときこそ write code every day

技術的なアクティビティ

*1:これは三部作の第一部で、どちらかというと第二部、第三部のほうが重要。