Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Islands in the byte stream

Technical notes by a software engineer

Ormaの2016年振り返りと2017年の展望

https://github.com/gfx/Android-Orma

2015年末に開発をはじめたOrmaも、この一年でだいぶバージョンが進んで、年明け時点で v0.20.0だったところが、年末時点でv4.0.2でした。v0.20.0...v4.0.2で21,768 additions and 6,328 deletionsということで、結構書いたなあという感じです。そのおかげでv1.0.0の頃とくらべると格段に安定していますし、機能も増えてます。

採用事例や紹介エントリも増えてきました。

GitHub search などをみるといくつか実際のユースケースをみることもできます。

2017年の展望

2016年に比べるとやることは少なくなってきましたが、まだいくつか重要なタスクが残っています。

  • マイグレーションで使っているSQLiteパーサの変更
    • 現行のANTLR4ベースのパーサは、メモリの非常に少ない端末でたまにエラーになるという問題があります
    • 現在JavaCCでSQLiteパーサを書き直しており、1~2ヶ月後くらいには実験的に使えるようにしたいところです
    • 以前の検証によるとJavaCCによるパーサはANTLR4によるパーサよりも数倍高速なので、低スペック端末を切るとしてもやる価値はあるという判断です
  • has-many / many-to-many のよりよいサポート
    • has-many関係は宣言こそ自然にできるものの、INSERTやSELECTがわりと難しいのでもうちょっとなんとかしたい
  • ドキュメント
    • 特に英語圏でのマーケティングのため

今後ともよろしくお願いします。

PR: 3月のDroidKaigi 2017ではOrmaを含めた最近のAndroidのORM事情について話す予定です!!