Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Islands in the byte stream

Technical notes by a software engineer

MBP2016が故障したので返品してMBP2015を注文した

Macbook Pro 2016 13インチ タッチバー付きモデルを先月購入しましたが、3週間ほど経って充電できなくなる現象に見舞われました。Apple Storeのジーニアスバーに持ち込んでみてもらったところ、「ハードウェアの不具合と思われるが現在このモデルは部品がなく修理できない」とのことで、返品することにしました。代わりにMBP2015を注文し、これは来週届く見込みです。

故障をきっかけとして返品ということになりましたが、結果的には、むしろMBP2015に交換できてよかったと思っています。下記のとおり大きな不満点がありましたし、同様の故障が観測範囲内でも散見されるので、それならばMBP2015のほうが心配なく使えるという判断です。MBP2016を検討している方は参考にしてください。

MBP2016を3週間使ってみてどうだったか

  • ポートがUSB Type Cしかなくアダプタも貧弱で品薄状態。結局、購入から返品まで外部ディスプレイには繋げないままだった
    • 他にもアダプタを多数持ち歩かなければならず、非常に煩雑だった
    • もちろん過渡期ゆえのつらさという一面はあると思うが、自分はこういうことを楽しめないタイプなので純粋に苦痛だった
  • 充電ポートはMagsafe2のほうがよい
    • Magsafe2は充電状態を示すLEDがついており、一目で充電状態がわかるが、USB Type C充電コネクタは充電状態がわからない
    • Magsafe2は少しの力で外れるので足を引っ掛けてもコネクタが外れるだけだが、USB Type C充電コネクタは片手では抜けないくらいしっかりと刺さる
  • Touch Barは対応アプリが少なく、プラスでもマイナスでもなかった。対応アプリが増えてくればメリットを感じるかもしれない
    • ESCはやや遠く感じるが、慣れればそれほど問題はなかった
  • 新しいキーボードは悪くない
    • パタパタうるさいのは少し気になる
    • 力はそれほどいらないので慣れればむしろ楽で、旧MBA/MBPのキーボードが重く感じるレベル
    • Macbookは使ったことがないので差はわからない
  • Touch IDはよかった。特に1passwordを簡単にアンロックできるので使用頻度は高かった

スペック

MBP2016:

MBP2015: