Islands in the byte stream

Technical notes by a software engineer

CircleCIの"Auto-cancel redundant builds"を有効にするとPRごとの冗長なCIをキャンセルできる

2016/7/27 にこんなアップデートがあったようです。

Project SettingsAdvanced Settings に設定項目があります。

f:id:gfx:20160904155004p:plain

With the exception of your default branch, we will automatically cancel any queued or running builds on a branch when a newer build is triggered on that same branch. This feature will only apply to builds triggered by pushes to GitHub.

説明にあるとおり、あるブランチの最新のビルドがトリガーされたとき、そのトリガーされたもの以外の実行中ないしキューにあるビルドをキャンセルする機能です。ただし、デフォルトブランチ(=開発ブランチ)ではこの自動キャンセルを行いません。

pull-requestの更新が多くてビルドキューが増えてしまうようであれば有効にしてみてはいかがでしょうか。というかデフォルト有効でもいいくらいですね。