Islands in the byte stream

Technical notes by a software engineer

DroidKaigi 2017で「ORMの選び方」という発表をしました

Ormaの開発の際に他のORMはどういう設計思想なのかを調べたときの知見をもとに、DroidKaigi 2017用に仕上げた発表です。 これ契機にORMについて一家言ある人が増えるといいなと思いながら発表しました。 SQLiteDatabase (SQLiteOpenHelper) を直接つかうかど…

Bit Journeyに転職してKibelaをリリースしました

半年くらいまえにBit Journeyに転職してKibelaを作ってました。AndroidエンジニアからRails + Reactエンジニアへの転向ということになります。 Kibelaはこちら。ようやく本日リリースできました。といっても開発面でいうとこれからが正念場ではあります。 Ki…

Herokuのreview appsでRailsのLetter Opener WebをつかうHack

github.com これのREADMEにもありますが、Letter Opener (-Webも含む)をHerokuで使うにはちょっと注意が必要です。つまり、 Letter Openerはデータを #{Rails.root}/tmp/letter_opener に保存する Herokuはdyno (node) 間でデータのやりとりは出来ない設計 …

Orma v4.2.0 の Relation#upsert() の設計

https://github.com/gfx/Android-Orma Orma v4.2.0 で Relation#upsert() を実装しました。これは、モデルのインスタンスを渡すとその状態に応じて INSERT または UPDATE を実行するというメソッドです。 モデル同士の関連もよしなにしてくれるので、とりあ…

新技術を学ぶ技術と三つの壁とDroidKaigi 2017

こないだの@onkさんのスライドがとても良かったんですよ。 短期間で新技術を学ぶ技術 from Takafumi ONAKA 短時間といいつつ守破離の「離」までいくのに3年かかるといってて、高速道路なんてものはないんだなということがわかりますね。 とはいえ自分自身に…

ObjectBox vs Orma

greenDAOの開発元であるgreenbotが新しいNoSQL ORMのβ版をアナウンスしたようです。 greenrobot.org いわく、マルチスレッドで使いやすく、バイトコード操作のようなマジカルな方法はとらず、マイグレーションを自動で行えてしかも爆速だと。これらの特徴はO…

Rails + React + SSRのもとでレスポンシブにするにあたって現状とっている方法

SSRと絡めようとすると難しくて、いろいろ試行錯誤しました。いまはこういう方向でやろうとしていて、そこそこメンテナンス可能に書けそうだなという手応えがあります。 三行で CSSのメディアクエリのみを使い、Railsでテンプレートエンジンを使うにせよReac…

Ruby extのためのVisual Studio Codeのclang extension用設定を書き出す

Visual Studio Codeの C/C++ Clang extensionのためのいくらかの設定をすると、Ruby extensionを開発するときに補完が効くようになり、開発が楽になります。 C/C++ Clang - Visual Studio Marketplace ところでRuby extensionのCFLAGSなどの設定はわりと難し…

Android SDK 25.2.3から付属のsdkmanager(1)でパッケージのインストールをする

Android SDK 25.2.3にsdkmanagerとういコマンドが新しくく追加されていたようです。 sdkmanager これは、CLIでAndroid SDK packageを管理するためのツールのようです。Gradle Android pluginと同様にlicensesファイルに対応しているので、CIなどで扱いやすい…

Ormaの2016年振り返りと2017年の展望

https://github.com/gfx/Android-Orma 2015年末に開発をはじめたOrmaも、この一年でだいぶバージョンが進んで、年明け時点で v0.20.0だったところが、年末時点でv4.0.2でした。v0.20.0...v4.0.2で21,768 additions and 6,328 deletionsということで、結構書…