Islands in the byte stream

Technical notes by a software engineer

ライブラリのバージョニングのしかた

セマンティックバージョニングは守るとして、だいたいこんなポリシーでやってます。 0.0.1 - proof of concept 0.1.0 - とりあえずリリースしてプロダクションに組み込んでみる 1.0.0 - プロダクションに組み込んだ 2.0.0 - セマンティックバージョニングに…

Suffix ArrayをRustで実装した

suffix arrayを一番簡単なアルゴリズムで実装する - アルゴリズム学習(その6) - $shibayu36->blog; を読んで、ちょうど自分も何らかの形で全文検索を一部実装してみようと思っていたのでRustで真似してみました。 Rustを選んだ理由は、以下の理由からです。 …

MBP2016が故障したので返品してMBP2015を注文した

本日のまとめ: MBP2016が故障したので返品手続きをしてMBP2015を注文した。さようならUSB Type C。こんにちはMagsafe2 & HDMI。— FUJI Goro (@__gfx__) December 10, 2016 Macbook Pro 2016 13インチ タッチバー付きモデルを先月購入しましたが、3週間ほど経…

babel-nodeでたてるnode serverをguard-processで管理するときはkexec npm packageが必須

Babel CLIには babel-node というコマンドが付属していて、これはES2015+のスクリプトをそのまま実行できるという便利ツールです。 babel-nodeは大変便利なのですが、guardのpluginであるguard-process とは相性がわるく、babel-nodeで立ち上げたnode server…

Orma v4.0.0 - RxJava2 & SQLBrite-like query observables

GitHub - gfx/Android-Orma: A type-safe ORM for Android as a wrapper of SQLiteDatabase v3.0.0からまだ一ヶ月くらいしかたってませんが、Ormaがv4.0.0となりました。 目玉機能は RxJava 2.x 対応で、これが後方互換性を維持したまま行うのが難しかったた…

vscodeの AlanWalk/markdown-toc extensionで目次の自動生成すると捗るぞ

先日のNode学園祭で standard-readme という規格が紹介されていました。 これを眺めていたら、ミニマムでも目次(ToC)は必要ですよということでした。たしかにToCは読むほうからすると便利なんですよね。 一方でToCのメンテナンスは人間のやる仕事じゃない…

Flowtypeの`flow suggest`がすごい!

flow(1)のコマンドラインオプションを眺めていたら、 suggest というサブコマンドがありました*1。 これは、JavaScriptファイルを引数にとって、そのスクリプトにflowtype annotationを付けるパッチを生成するコマンドのようです。 たとえばこういうスクリプ…

flowtypeのmagic typeは直接使うものじゃないよ

実践投入してわかったflowtypeのメリデメ // Speaker Deck で「Magic typeがドキュメントされてない(のに便利)」という説明がありましたが、それはmagic typeを直接使う想定ではないプライベートAPIからドキュメントに載せてないというだけだと思われます…

OrmaのRxJava2対応プラン

三行まとめ Orma v3.x で RxJava2 対応をいれます。RxJava 1.xのメソッドはこれまでどおり使えて、後方互換製は保ちます Orma v4.x で RxJava2 対応を主とします。RxJava 1.x対応は続けますが、"asObservable1" とリネームさされ、またそれらメソッドはdepre…

DroidKaigi 2017のトーク募集は11/1まで!

droidkaigi.github.io 私もひとつ「Android ORMの選び方」というトークを応募しました。ここ1年ほどOrmaの開発をしているので、その知見を活かしてなるべく公平なORMの比較検討をしたいと思っています。 他に個人的に興味があるのはこんな感じの話題です。誰…